厚労省 感染症エキスプレスVol.380 2月8日より 抜粋

  • 伝染性紅斑(りんご病)の報告が増えています
     伝染性紅斑は、ヒトパルボウイルスB19というウイルスによっておこる感染症であり、10〜20日の潜伏期間のあと、両頬に紅い発疹や手足にレース状の発疹がでることがあります。小児にみられることが多く、ほとんどは軽症で自然に治りますが、関節炎がみられたり、妊婦が感染すると、胎児の異常(胎児水腫)や流産になることがあるので注意が必要です。伝染性紅斑の感染経路は咳やくしゃみなどによる飛沫感染や、ウイルスが付着した手で口や鼻に触れることによる接触感染です。伝染性紅斑に対するワクチンがないため、予防には、手洗いや咳エチケットを心がけてください
    <感染症法に基づく医師及び獣医師の届出について>
    https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-05-21.html
    <伝染性紅斑とは>
    https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ta/5th-disease.html

日本カーヴィング株式会社では、紫外線や遠赤外線で手、哺乳瓶などの殺菌と乾燥をおこない、感染症や食中毒を予防する製品をご用意しています。薬品に耐性をもった菌も殺菌でき、薬剤の残留もない安心の製品です。
http://www.carving-jp.com/seihin/products

矢寿井感染制御研究室
高原和男