感染症・食中毒を予防する殺菌消毒装置のパイオニア、日本カーヴィング

ホーム矢寿井感染制御研究所感染症予防事例 > 脅威的に広がるノロウイルス

感染症予防事例

脅威的に広がるノロウイルス

感染性胃腸炎の大半はノロウイルスやロタウイルス等のウイルス感染ですが、特に冬季にピークを迎え、今年は連日のように感染が報告され過去に例を見ない程の患者が出ています。

ノロウイルスの感染経路
以前は食中毒として経口感染が主体でしたが、患者や無症状保有者(保菌者)との直接もしくは間接的接触による接触感染や、患者の嘔吐物や下痢便を介した飛沫感染等のヒトからヒトへの感染になり感染力が非常に強く、乳幼児のいる保育園や幼稚園、小学校において集団発生が繰り返されています。

ノロウイルスの感染予防
1. 流水、石けんによる手洗いの励行と嘔吐物や下痢便の適切な処置が極めて重要である。
2. 消毒用エタノールや速乾性アルコール手指消毒薬が流水下での手洗いが行えない場合での手指消毒に汎用されていますが、実際にはノロウイルスには耐抗性を示し殺菌が十分に行えないのが実情です。

クリアレディ 自動手指殺菌乾燥器の効力
ノロウイルス等ウイルス対策に最も効果的で、確実でより安全性の高い感染症対策が得られます。
細菌<ウイルス<真菌(カビ)に効力を発揮します。
特にノロウイルスについての殺菌率は以下のとおりです。
10秒  98.0047%
15秒  99.4988%
20秒  99.99937%(クリアレディ使用時間)

既に40年の歴史を持ち、病院・老健施設・給食センター等あらゆる分野で活躍しており、特に民間の保育園数の10%を超える施設の厨房、トイレに設置の実績があります。
また、現在も市場クレームゼロ運動を更新中です。

矢寿井感染制御研究所 理事 安井 克一
このページのトップへ

ホーム会社案内Q&Aサイトマッププライバシーポリシーリンクについて